« September 2005 | Main | December 2005 »

2005.10.12

oracle「ウィルスセキュリティとオラクルクライアント結局ダメ」

Oracle Client v8.0.5 + ウィルスセキュリティ2005EX
がインストールされた環境下で、オラクルの接続ができなくなる件
ですが、以前の記事は間違っておりました。

試してみたところ、ウィルスセキュリティのファイアーウォー
ル機能を自動起動しないようにしても、何故かオラクルとの接続を
妨害されてしまうようです。

従って、結論としては
Oracle Client v8.0.5 + ウィルスセキュリティ2005EX
の組合せではオラクル接続ができなくなってしまうので使えない。

回避方法としては
Oracle Client v8.1.7 + ウィルスセキュリティ2005EX
か
Oracle Client v8.0.5 + Norton Internet security 
の組み合わせに変更するかが考えられる。

と言う事になるようです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.10.05

ASP.NET2003「debug.printはどこいった?」

vb6のときのDebug.Print機能は、.NETではどうするのか?

System.Diagnostics.Debug.WriteLine("ロジック通過!")

※個人的な技術メモです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.10.02

管理釣り場「キングフィッシャー」 2005.10.02

場所:アングラーズパーク キングフィッシャー[栃木県大田原市]
日時:2005/10/02 06:00-11:30
天気:晴れ 25C前後

めっきり寒くなった今日この頃・・
と思っていたら、うってかわって暑い本日。
今日は実家に帰っていた妻&1歳を迎えに栃木県へ・・
(ケンカして帰っていたわけではありませんよ。念のため)
もちろん、朝1は釣りに行ってから妻の実家に行くことを目論む俺。

去る金曜日・・
だいたい「みどりフィッシングエリア」か「関根養魚場」に行く事
が多いのですが、道中、立ち寄れる他に良い釣り場
はないものかと、管理釣り場.com をチェックしてみる・・
すると、なんと今年8月にオープンしたと言う新しい管理釣り場が
できているではありませんか!

と言う訳で、前日ナイトシーバスだったにもかかわらず、朝6時に
キングフィッシャーのトラウトエリアに立つ俺・・(つっこみ禁止)

ここは、トラウトエリアとバス&トラウトエリアに分かれてます。
りトラウトエリアは朝1を逃すとなかなか渋くなるときき、とりあ
えずトラウトエリアへ、
先行者はフライマン1人だけ・・「あんまし人気ないのかなぁ」と
か思いながら池の中を覗くと、かなりの魚が入っているようです。
水はクリアでかなり綺麗な感じでした。後で聞いたところによると、
実際スタッフの方は水質には神経を使っているとの事でした。

まずはチップミノー投入!
なんと、2投1匹くらいの高活性!
わらわらとついてくるニジマス君たち・・
しかし、同じコースでは5投もすると追っても食わなくなります。
初めてのエリアなので、少しずつポイントを移動しながら楽しむこ
とにしました。
トラウトエリアは3つの池に仕切られており、少々の流れが意図的
に作られています。2番目、3番目に入った池にはニジマスのほか、
ヤシオ、イトウも入っているようです。
少し変わっているのはリリースの方法・・
池の端にパイプが設置されており、このパイプにリリースしてくだ
さいとの事。
釣られた魚はこのパイプを通って、休息用ポンドに自動的に運ばれ
ると言う訳です。

9時になり、バス&トラウトエリアに移動してみました。
こちらの水質はマッディーで野池そのものな感じです。
ナマズなんかもはいってるようですが、お目にはかかりませんでし
た。
シーバスで使用したタックルを使ってみるも、なかなかうまく投げ
ることができません・・
トラウトタックルでスプーンを投げてるとバスがヒットしてきます。
ゴールドやピンクの派手めなカラーが良いようでした。
僕は持って行きませんでしたがこちらはワームの使用も良いようです。
久々にバスのヒキを楽しみました。
トラウトもそうですが、ここの魚はパワーがありなかなか楽しめます。

11時すぎ、
お昼までに妻のところへ行く約束をしていたので、最後にもう一度
トラウトエリアに戻ってみます。
人が増えてました。時間帯のせいかと思いましたが、ヤシオマスが
放流されたからのようです。
ヤシオがウロウロとエサを探して泳いでいるのが見えます。
観察していると表層でもボトムでもなく、中層をうろうろしていた
ようなのでグラスホッパー(バッタ型バグルアー)を投入します。
しかし、普通のニジマスも釣れなくなり、
「ちょっとカラーがはですぎたか」と思っていたところ・・

バッシャーン! ヒットしました!

50cm級のヤシオマスがかかりました。
唸るドラグ・・(基本的に緩めの設定なのでいつもうなるのですが・・)
寄せては走られを数回繰り返します。
通りかかったスタッフが、
「あの土管のなかに逃げられたら一発で切られるよ」
とビビらせます。
なんとかドカンへの逃げ込みは阻止し、キャッチに成功!

「いやーでかいなぁ」としばし観察。
うちのヤシオは刺身にするとおいしいよ。と薦められるも、お忍び
できている身では持ち帰ることもできず仕方なくリリース・・

「いやー良かった」と気分を良くしていたら、あっちでフライのおっ
ちゃんにもヤシオヒット!
と思ったら、カップルできていたおねぇちゃんにもヤシオヒット!

負けた・・_| ̄|○

そう言えば俺が飲食店に入ると、とたんに店が混みだすなぁ~
俺は幸運の女神のようなもんか・・(と勝手にポジティブ発想)


■感想
少しでも早く釣り始めたい&あまり長い時間をとれない身としては、
朝6時のオープンは嬉しい。

トラウトエリアはクリアな水質でルアーの動き、魚の動きが見えて
楽しい。

ポンドの大きさはあまり大きくないので、かっ飛ばしてすっきりす
ることはできない。

池の片側は釣り禁止なので、良い面もあるが、人が多いと少々窮屈
な気がする(今回はそれ程混んでませんでしたが)


20051002_c01

20051002_c02

20051002_c03

ヤシオ1 ヤシオ2 トラウトエリア
リリース用のパイプあり

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.10.01

海釣り「ナイトシーバス」 2005.10.01

場所:東京湾
日時:2005/10/01 18:00-22:00
天気:晴れ(長袖、風あり)

シーラに引き続き今回もジョイマリンさんのお世話になることに。
今回は夜のシーバスです。ちなみにシーバスも初めて。
ウチの1歳児なみに初体験事が多いこの頃・・(いや、1歳児には
負けるか・・)
でも30もとうに過ぎたおっちゃんになっても、初体験のイベント
が多いってのはむしろ喜ぶべきかもしれないですね。

17時集合との事だったので、首都高の渋滞を考慮し14時に出発。
途中、食料などを調達したりしましたが意外と順調に走ってしまい
15時半くらいには着いちゃいました・・
今日は晴れですが風が強めで海の状況が心配されます。
一眠りしようとしましたが、集合時間1時間以上前にもかかわらず
参加メンバーがぞくぞくと集まってきた為、つい話し込んでしまい
結局そのまま18時になり出船時刻に・・

今日は参加メンバーが多く(9名)2船に別れての出船です。
やはり風があり、あまり沖にはでれない状況のようでしたが、それ
でも心配した程ひどい風でもありませんでした。
ただ、キャスティングには少々苦労しましたが・・

今回もキャプテンがポイントを案内してくれます。
2つめのポイントでしたでしょうか?
停泊していた別の大きな船の際にキャストしていたら、なんとシー
バスヒットです。
船の中でもファーストヒットでした。今日はついてる!
サイズ的にはごく標準的だったようでしたが、マジマジと観察し一
応写真撮影。確かにバスですな・・

さらにいくつかのポイントを回ります。
途中、レインボーブリッジ下のポイントなんかもあり、なかなか楽
しめます。
そして・・2回目のヒット!
ん~、今度は重い・・シーバスのヒキは「重い」って感じです。
ラインはたぶん切れないとは思っていましたが、フックオフが心配
でした。メンバーにランディングを手伝ってもらいなんとか無事キャッ
チに成功。サイズは60cm。なかなかの大物のようです。
結局この後はバラシのみで、2ゲットで終了です。
使い慣れていないタックル&風がある。と言うこともあり、またし
ても課題はキャスティングです。
ファーストキャストで思い通りのポイントにキャスティングできれ
ば釣果はたぶん違ったものになったと思われます。

今日は小イベントがあり、大物大賞には商品があるとのことで淡い
期待をもちましたが、なんと、その後Nさんに62cmがでてしま
い、あえなく撃沈・・
なんとも中途半端なビギナーズラックとなりました。

4時間の釣行でお手軽と言う事もあり、なかなか行き易い釣りでし
た。ぜひまたチャレンジしたいです。

■後々役立つ(かもしれない)データ
持ち物
帽子
滑りにくい靴
多少汚れてもよい服装
寒い場合の上着
食料、飲料水少々
タオル、着替え。
ライト(意外と使わなかった)

--以下、あれば良かったもの
クリアレンズの偏光グラス

20051001_c01

20051001_c02

20051001_c03

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2005 | Main | December 2005 »