« December 2005 | Main | April 2006 »

2006.03.20

渓流「大山川釣行を計画するも・・」

場所:大山川[山形県]
日時:2006/03/19 17:00-
天気:くもり

親戚の結婚式で急きょ実家に帰省した週末。
実家は山形県の庄内地方ですが、明朝に少しばかり時間があるので
釣行できるかと思い前日の夕方に川の下見に行きました。

すると・・もう3月だと言うのに雪が降り出す天候・・
川の状態もまだまだ雪があり入渓するにはかなりの危険が伴うよう
な状態でした。

20060319_c01

仮に今の強風が回復したとしても、この残雪の状態では・・ 結局、解禁はしていてもこの辺りはまだ釣りをする状態ではないと 言うことなのか。 残念。 次回のチャンスに期待して翌日はゆっくり眠る事にしたのでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.03.11

管理釣場「白河フォレストスプリングス」

場所:白河フォレストスプリングス[福島県西白河郡]
日時:2006/03/11 07:00-16:00
天気:晴れ 12C 14:00

今回は白河ICまで足をのばしてみました。
初めての釣り場はワクワクします。
今日の天気は晴れ。釣り場についた07:00には流石に寒いですが、
それでもずいぶん暖かくなってきたなぁと言う印象です。
気温が上昇すると予想され、釣果にも期待がかかります。

しかし・・
期待とは裏腹に全く釣れません。水の中に魚は確認できますが、反
応もあまり良くなく、決して活性が高い状態ではありませんでした。
周りもあまり釣れているようには見えません。週末にしては客も少
ないような・・
am10:00にレストハウスがオープンしたので、ちょっと仕切りなお
しにホットドッグを食べながら、ミノーのフック交換などを行いま
した。

サードポンドにて再チャレンジ後、しばらくしてからの12:00前。
急にミノーを引く手に手ごたえが・・
積極的にトゥィッチを繰り返し、食わせるタイミングを与えると、
レインボーがヒット。
しばしマジマジと魚を観察しリリースします。
どんな釣り場でも最初の魚が釣れるまでは、なんとなく落ち着かな
いもんです。

続けてキャストをすると、やはりチェイスの手ごたえを感じます。
表層ではなく、ミノーを5カウント分くらい沈めたレンジが良さそ
うです。(使用ミノー:D-コンタクト赤金)
急に忙しくなってきました。
次々とヒットします。中にはブラウンも取り込むことができました。

20060311_c02

20060311_c03

しかし・・ ゴールデンタイムは結局この時間帯の30分のみでした。 後から考えてみると、大体が30cmに満たないサイズで、比較的きれ いな魚でしたので、食事中にでも放流されたマスがたまたま自分の ところへ回遊してきたタイミングだったのかな。とも思われます。 ここはロケーションは最高で、釣り場としての雰囲気等はとても良 い感じでした。 しかし、魚君達の元気が・・・ なにかヒットパターンはあるのかもしれませんが、そのパターンを 発見するには至りませんでした。

20060311_c01

僕のような釣り好きの親父ならば、難易度が高いのも1つの魅力と も考えられますが、少なくとも子供や彼女と行くのにはおすすめで きません。 そんな感じでした。 いつの日かまたリベンジしたいと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.03.05

管理釣場「キングフィッシャー」

場所:アングラーズパーク キングフィッシャー[栃木県大田原市]
日時:2006/03/05 06:00-11:30
天気:晴れ 2C 07:00

2006年度、初のブログ更新です。
釣り以外の記事も、初釣行したら書き始めようなどど考えていたら、
もう3月になっていました。ムムム・・
1月の仕事始めからハイペースで仕事が続き、プログラムを納品
したら納品したでその後のバグ対応・・
PMなので客と、担当者の間で板ばさみ・・旅にでたい・・

まだもう少し忙しそうですが、そんな中、久しぶりに妻の実家(栃
木)に遊びに行く事になったので、無性に釣りに行きくなり、
「このままでは精神衛生上良くない」
と妻には到底通用しない理由を根拠に、日曜日の午前中の時間だ
け釣りをする事にしました。
ここら辺は、自分が知ってるだけで管理釣り場が3つもあり、どこに行こ
うか検討した結果、2005年10月以来となるキングフィッシャーに行
くことにしました。
もちろん狙いはヤシオマスです。

5時過ぎに起床し、6時前には到着しましたが、営業時間が変わった
ようで朝7時からが開始時間でした。ムムム・・
仕方がないので、普段おろそかにしている釣具のメンテ等を行いつ
つ開始時間を待つことに。
7時近くになると、すこしずつ客の車が集まってきますが、大方の
アングラーはポンドエリアのバス釣り客のようです。
僕は釣券を購入しストリームエリアの(って言ってもポンドですが
・・)さらに大物池へ直行。

朝一はさすがに活性が高いので良くつれます。
しかし、ミノーイングの反応がイマイチ(腕関係あり)なので、
バグーイングに変更しました(基本的にただ巻き)
すると潜るバッタに50cmクラスのドナルドソンがヒット。
「重い!」
ですが、前回と違ってここら辺は想定内。
HQ500と4ポンドラインで万全の準備でしたので、3分もすると、
あえなく降参したようでマイネットへ吸い込まれていきました。

その後はコンスタントに小物をポツポツと釣り上げて、午前券終了
の12:00となりました。
昼近くにはストリームエリアも人でいっぱいになりました。
途中、休憩などを取り入れてリラックスした時間を過ごすつもりで
したが、結局は5時間通してず~と釣り続けておりました。
ルアーを変えたら・・レンジを変えたら・・
こうしたら・・ああしたら・・
と考えながらする釣りは時の経つのを忘れます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2005 | Main | April 2006 »