« March 2006 | Main | May 2006 »

2006.04.30

エリシオン+ロッドホルダー

今週末は何故か出勤だなので釣りに行けません。
そこで以前、ロッドホルダーを取り付けたので、その際のマッチン
グなんかをレビューしてみたいと思います。

車はホンダのエリシオン、Gエアロです。
ロッドホルダーはZR222(カーメイト)です。
ZR222はティップのホルダーが付いたタイプで、7本積みタイ
プになります。
カーメイトのHPには適合○となっているので、付かないと言う事
はないはずですが・・・

結果を先に言いますと無事取り付けできました。
3列目シートのアシストグリップをはずして、ロッドホルダーを装
着。基本的にはこれだけです。(後で少し補足あり)
取り付け後のイメージはこのようになりました。

20060429_c01

20060429_c02

20060429_c03

ロッドホルダーを取り付けた上体で3列目、2名乗車するとなると、 ちょっときついですね。 確実にリールに頭が当たりますので、真ん中よりにロッドを数本程 度の使用方法であれば、なんとかいけるかも・・・ いや、やはり現実的には無理と思ったほうが良いかな。 この車は3列目の視界を良くする為に少し座席位置が高く なっているので、もともと頭上の余裕がありません。 個人的には、3列目は使用頻度が少ないので良しとします。 2列目までしか乗車しないのであれば、邪魔な感じはほとんどしません。 1列目に至っては、6フィートくらいのロッドであれば届いてもいません。 ただ、この車は天井中央部に後部のエアコンを操作する出っ張りが あり、6フィートのロッドだと当たっちゃいます。 5フィートだと当たりません。 (当たってもそれ程ダメと言う訳でもないのですが、リアエンタ車 だと問題でしょうね)

20060429_c04

また、このZR222は簡単にとりはずせるので、釣り以外でフル 乗車する場合であっても問題なしです。 実は先程、取り付けはアシストグリップを外してロッドホルダーを 付けるだけだと言いましたが、ここで少し問題がありました。 この車のスタイルからくる問題ですが、この車、後部にいくにした がって少しすぼんでいる形状をしています。(本当に少しですが) その為に、バーが当たってしまって、後ろ側にスペースを取れませ ん。 ロッドホルダー側もそれは考えているようで、そういう場合用のス テー?が付属しています。 これを使用すれば若干バー位置の調整がきくようになるのですが・・・
20060429_c050 20060429_c05
またここで問題です。 アシストグリップについていたネジでは短すぎて、固定があまくなっ てしまうのです。 仕方ないので1cm程長いネジをホームセンターで購入しそれを使っ て固定しました。 最後にオプションのZR311も組み合わせてみた様子です。 予備用ロッドホルダーと謳われていますが、これでもリールを装着 したまま2本は積めますので、どちらかと言うとこっちがメインか な~なんて

20060429_c06

釣りに行く準備は万端なんですがね。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2006.04.28

F1サンマリノGP

23日放送のF1サンマリノGPのビデオをもう一度みてしまった。
23日深夜のTV放送時にオンタイムで見たのにも関らずに。
F1はほぼ毎回かかさずに見てはいるのだけれど、
ここ最近F1を深夜の時間帯で見ることがなくなっていた。
録画して月曜日の夕飯時に見るのが常になっていた。
しかし今回はなにかが違った。
久しぶりにドキドキさせるF1だった。

理由は大体分かっている。
・イモラのサーキットがアイルトン・セナが亡くなったサーキット
でもありだたでさえ感傷的になり易い。
・またそれをTV盛んに煽るので乗ってしまった部分もあるかも。
・今年は若手、アロンソの台頭でM.シューマッハとしては不利な
状況。
・そして自分がシューマッハと近い年齢のせいか、どちらかと
言うとシューマッハに感情移入し易い感じ。
・拍車を掛けてアロンソの遠慮ない言動が鼻につき、ますますシュー
マッハに肩入れ。

レース展開もエキサイティングだった。
ピットストップで前に出られなかったアロンソは、コース上でシュー
マッハを抜くしかなくなった。
まだレースは20週以上あったかと思う。
イモラは抜きにくいサーキット。
シューマッハにとって有利ではあるが、逆に抜かれれば、それは完
全なる敗北を意味する。
しかしシューマッハは抜かせなかった。
対してアロンソは小さなミス、そして最後のミスは致命的で、2秒
のビハインドを許してしまいジ・エンド。

おそらくこの戦いは精神力の戦い。
そして、シューマッハは勝利した。
ちょっと前までは「シューが勝っちゃ面白くな~い」などと、
ごく一般的な発言をしとりましたが、今回は・・
「すごい男に出会った」
(出会ってないけど。しかも10年近くもシュー君を見てるけど)
そんな気分になりました。

世代交代はスポーツに限らず必ずいつかは訪れる。
このレースがシューマッハの復活を意味するのか、
それとも最後のあがきだった事にになるのか・・
次のF1も目が離せません!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.04.15

管理釣場「川越水上公園」

場所:川越水上公園[埼玉県川越市]
日時:2006/03/15 12:00-15:00
天気:晴れ 19C

K君が用事ができたとかで、K君との釣行は延期になってしまいま
した・・
すっかり釣りに行く気分だったので、かる~くヨメに
「川越水上公園に行くけど一緒に行く?」
と聞いてみたところ、以外にも「行く!」との返事・・

と言う事でヨメと1歳とみんなで行く事に。
行きは高速を使って関越道の川越IC経由で行くと、約30分で到着し、
なかなかのアクセスの良さです。
到着して駐車場に車を止めて入り口を探しますが、入り口が見つか
らない・・
まさか、さっき駐車場のずいぶん手前で見た入り口まで行かないと
いけない!?
入り口付近や公園内の道にじゃまな違法駐車が多いなぁと思ってい
ましたがこれで理由が分かりました。
マンションの見取図がのったチラシをみながら
「動線がなっちゃいないねぇ~」
などとヨメがよく言ってますが、正にそんな感想。

仕方なくテクテクと歩いて入り口に到着。
プールを利用して釣り場にしているこの場所は、入口ゲートを入
る人は釣り客以外にはいないらしい。

入り口を入ると、3つのプールが釣り場として開放されていました
が、入り口に一番近いプールは人が多くて入るスペースもなさそう。
しかも常連客みたいな客層でなんとなく敬遠・・

奥の船が浮かんでいるプールで始めてみるもしばし反応なし。
水も濁っているので魚が反応しているのかどうかも良くわかりませ
ん。
1時間もたつと、ヨメが「あきた~」と近寄ってきて、「外の公園
を散歩してくる」と言って1歳とタッタッターと行ってしまいまし
た。
(釣り場以外ただの公園なので、ヨメ達にとってはせいぜい3時間
くらいが限界かも)

プールの周りを少しずつ移動を始めましたが、やはり良さげな場所
は人が入ってしまっています。
浮いてる魚ははほとんど確認できないので、底に狙いを変更すると
やっと1匹のニジマスが釣れてくれました。

結局この日はこの1匹で終了。
帰りに1歳と少しばかり遊んで帰りました。

あまり釣りに集中もできず、
「ちょっと食べたら余計に腹減った」
みたいな状態になってしまいました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.04.14

開発現場でツカエルdoc「職務経歴書」

契約が切れれば次の現場へと渡り歩くフリーランスのSE業・・
そんな時に必要不可欠な「職務経歴書」。
またの名を「スキルシート」。
期間と仕事の内容、コンピュータ環境や使用DB等を表にして、自分
がこれまで何をやってきたか。何ができるのかを分かってもらうも
のです。

開発の開始日と終了日を入力すれば、開発期間(XX年XXヶ月とか)
が自動計算されるようエクセルシートにしてみました。

Keirekisyo 「keirekisyo.lzh」をダウンロード

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.04.12

釣り場検討

先日、久しぶりにK君と言う以前の仕事仲間に会った。
釣り話を始めるとK君も以前はバス釣りをやっていたそうだ。
今度、管釣りでも行こうかと誘うと、結構乗り気なのでそのまま釣
具屋に行くとルアーや小物をせっせと買い込んでいた。

そこまでノせてしまったので、K君にお勧めする管釣りエリアを考
えてみた。

朝霞ガーデン
最も近場で行きやすい。
水質はクリアで練習には最適だし、午後からちょっと3時間だけ楽
しむと言う事もできお手軽なエリア。
4月からはナイターも営業している。
難点は週末には混む事が多い事。
朝一ならまだしも、昼過ぎには池の周りにずらりと人が並び入るス
ペースがない事も多い。
その為あまりこれから釣りを始めようとする人の最初のエリアとし
てはお勧めしない。
6時間券:3,150円
3時間券:2,100円

川越水上公園
ここは夏場以外にプールを釣り場としている。
その為ロケーションとしてアウトドアな感じは全くしないが、練習
にはいいかもしれない。
実は僕は行った事がない。
しらこばと水上公園(こちらもプール利用。こちらは4/9で営業終
了)なら行った事があるので似たようなもんだと思う。
1日券でも2,500円と最も安価。
ただし営業時間がAM9:00~PM5:00とおいしい時間がはずされている。
公園内にあるのでタイミングによっては混んでるかも。

吉羽園
上の2つは放流魚がトラウトだけれど、ここはブラックバス。
昔バスをやっていたそうなので感を取り戻すには最適?
場所も近め。
しかし4/15はスプリングカップなるイベントが開催されるようだ。
1日券:4,000円

発光路の森
おそらく一番アウトドアな感じを味わえると思う。
まだ行ったことがないのだけれど、5月からは4:30からと早い開始
なのでその分長く楽しめそうと言う事もあり、一度行ってみたいと
常々チェックしていたエリア。

1日の釣行をするなら最も良いのではないかと思われる。
ただし最初のエリアよりは少々遠い。
浦和~栃木 67.9km 50分
栃木IC~発光路の森(25km)35分
で片道約2時間くらいかかるか?

1日券(7:00~17:00) 4000円
午前・午後券(7:00~17:00) 3000円

K君!あなたはどっち!?

発光路に行ってみたいなぁ(ボソッ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2006 | Main | May 2006 »