« April 2006 | Main | June 2006 »

2006.05.28

管理釣場「吉羽園」

場所:吉羽園[埼玉県幸手市]
日時:2006/05/28 05:30-10:00
天気:雨 18C

空がピカッと光ったと思ったら、「ゴロゴロ・・・」強い雨と共に
雷の音が鳴り響きます。
午前9時過ぎ、釣竿はこの場合非常に危険なので仕方なく車の中に
退避します。フロントガラスに激しくたたきつける雨を見ながら、
「いい調子だったのにな・・」と少し残念。

今回は久しぶりに吉羽園に来てみました。
ここはブラックバスの管理釣場ですが、持ち込んだタックルは完全
にトラウト用。

よく「バスにもトラウトにも使えるロッドはないか」みたいな話を
聞くことがありますが、ミノーの使えるトラウトロッドならばバス
にも十分に通用するのではないかと思います。
バスロッドをトラウトで使うよりかは良い気がします。
ヒットしたらグリグリ寄せて、オリャー!、ポ~ンと抜きあげるパ
ワーフィッシングはできませんが、逆に小物でも十分ヒキが楽しめ
ます。

ま、取りきれないでかいバスをヒットさせた時に、おのずとそれな
りのバスロッドが欲しくなるでしょうが・・

話を釣行記に戻しまして・・
この日のゴールデンタイムは8時30分前後でした。
朝一は池の中央付近でミノーを試していましたが、反応がありませ
ん。
朝から雨で5時半くらいに始めたので、2時間以上ボーズ状態でし
た。雨の日の爆釣を期待していましたが、そういまくはいきません
でした。
「渋いのかなー」「結構すれてるのかなー」と考えますが、ワーム
が釣れてそうですが持っていません。
変わりにスプーン(しかもかなり小さい)を試すことにしました。
そして、場所もカケアガリを狙い易い池の周りに移動します。

スプーンをとっかえひっかえしてるうちに、やたらと反応が良くな
りました。
ついにアタリルアーを発見!
その名も「サニーサイドスプーン」(しかし目玉焼きとは・・)


浅場をボトムひきでバイトの手ごたえを感じます。
何度か空合わせの後、やっとフッキング!
小さいながらなかなかがんばるバス君で単純に楽しいです。
キャッチ後は久しぶりのバスを少しマジマジと眺めました。

ここで何匹か連続ヒットが続いた後、少し大物らしきバスがヒット
します。重さがありなかなかあがってきません。
しばらく格闘していましたが、結局ばらしてしまいました。
みるとフックが完全に伸びてしまっています。残念

このすぐ後に雨が激しくなり雷音が・・
管理釣場だし、雨は全く平気ですが雷はヤバイ。
昼までには家に帰らなければならなかったので、
そのまま終了としました。

20060528_c01

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.05.11

javascript「有効かどうか識別する」

以前に納めたWebのアプリケーションがうまく動作しない不具合の報告を
受けました。
話を聞くと、どうもJavascriptが有効になっていない様子。
ブラウザの設定か、それともセキュリティソフトの設定か・・

取り急ぎ、本当にJavascriptが有効なのか無効なのか確認する必要があ
りますが・・しかしユーザ先へ出向くには時間がかかります。

そこで、Javascriptが有効かどうかをjavascriptで判断する
HTMLファイルを作成しユーザに確認してもらいました。

ファイルをブラウザで開くと、以下の何れかのメッセージを出力します。
JavaScriptは  有効 です。
JavaScriptは  無効 です。

「javascript_check.lzh」をダウンロード

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.05.10

sqlserver「DBコピー」

ユーザ環境から開発環境へ、違ったテストの為のコピー、
システム開発のような仕事をしていると、DB環境をコピーしなければな
らない場合が多々あります。

こう言う作業は理屈から言うとすぐ終わるはずなのですが、結構どこか
でひっかかってしまい手間と時間のコストを浪費するものです。
原因はさまざまで、OSの違いかもしれないし、DBバージョンの違いかも
しれないし、フォルダ構成の違いによるものかもしれないし、インストー
ルされているソフトのせいかもしれないし・・
あげたらキリがありません。

こう言う場面で浪費する時間は無駄以外のなにものでもないので、
SQLServerのDBのコピー手順と注意点を簡潔にまとめておきます。
SQLServerの場合はオラクルなんかと比べるとこの作業は楽です。
簡単に言うとデータベースのバックアップをとり、そのバックアップファ
イルを他の環境へ持っていき復元します。

やり方メモ:
1.コピー元の環境でSQL Enterprise Managerを起動しDBに接続します。
2.対象のDBを選択し、右クリック→すべてのタスク→データベースの
バックアップを選択します。
3.出力先の「追加」ボタンで出力するフォルダを選択します。
4.OKボタンでバックアップが開始されます。
5.ファイルをコピー先へ持ち込み、サーバの適当なフォルダにでもファ
イルを一時保存します。
6.コピー先の環境でSQL Enterprise Managerを起動しDBに接続します。
7.DBが未作成であれば新規作成します。
8.復元するDBを選択し右クリック→すべてのタスク→データベースの
復元を選択します。
9.「復元:デバイスから」をチェックします。
10.デバイス選択ボタンでバックアップファイルを置いたフォルダに
アクセスしファイルを選択します。
11.オプションタブで「既存のデータベース上に強制的に復元」をチェッ
クします。
12.そして論理ファイル名と物理ファイル名が表示されているグリッ
ド部の物理ファイル名とそのパスをよくチェックして下さい。
ここがコピー元環境と違っているにもかかわらず、そのまま実行すると、

デバイス アクティブ化エラー ・・・ WITH MOVEオプションを使用しま
す・・・ RESTORE DATABASEが異常終了しました。

とエラーになります。

ミソは9でファイルからの復元が可能となる事、12に注意する事です。
ここをおさえておけばすんなり復元できるかと思います。

補足:
その他にデタッチ&アタッチによる方法もありますが、こちらは一時的
にDBが使用できなくなるので、DBの使用者がいれば迷惑がかかります。
DBを丸ごと別のPCに移す場合等はこちらの方法が楽です。

また、コピー元PCとコピー先PCが同LAN内にある場合は、データのエクス
ポート&インポートでも実現可能です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.05.09

oracle「windowsXP+oracle8.1.7」

windows xp(professional sp2)にoracle8.1.7をインストールしました。
ちなみにオラクルの8iは基本的にXP対応外です。
ですが、いまさらwindows2000にする訳にもいかず、インストールを強制
続行・・

CDを入れますがインストーラ(universal installer)が起動しません。
以前にも痛い目にあったので「ああ、Pen4問題か・・」
とピンッときました。
オラクルのナレッジ・ベースよりやり方を検索しインストールします。
http://support.oracle.co.jp/

やり方メモ
1.PCのHDDにCDの内容を全コピー
2.symcjit.dllを検索しsymcjit.oldに変更
3.setup.exe起動

無事、インストールを完了しました。
しかし今度は、OS起動後に
「問題が発生したため、java.exe を終了します。」
と言うダイアログが出るようになってしまいました。
ダイアログに答えるといったん消えますが、また同じダイアログが表示
されてしまいます。

Oracle Technology Network(OTN)のサイトの掲示板情報を検索すると、
「Pen4ではOracleHTTPServerは動作しません」との事らしい。
コンパネのサービスからOracleOraHome81HTTPServerを停止。
さらにスタートアップを「手動」に変更します。
http://otn.oracle.co.jp/

これによりエラーダイアログは表示されなくなりました。ほっ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.05.05

渓流「大山川」

場所:大山川[山形県鶴岡市]
日時:2006/05/05 04:30-08:00
天気:晴れ 16C

去年の8月には釣行に至らず。
今年3月も雪と天候不順の為釣行に至らず。
今年GWにやっと釣行のチャンスがやってきました。
ヨメをなんとか説得し朝飯前までに帰ってくると約束して釣行にでかけ
ました。

午前4時前、フィッシング庄内にて入漁券を購入。
この時間に営業しているなんていい店です。
目的地までは30分もかからないのですが、4時をすぎると空が白々と
してきたので先を急ぎます。
初めての川ですが、前にチェックしていたので駐車ポイントは分かって
います。
少し上流めに車をおいて釣行開始です。

今日は気持ち悪いくらいに風が暖かい日でした。
ウェーダー&上着を着ると少し歩いただけで汗をかいてきました。
川幅はそれほどでもないのですが流れが強くやや増水気味に感じました。
いつもの渓相を知らないのなんとも言えないのですが、ユキシロもいく
らかは混ざっているのではないでしょうか。
水は非常に冷たいです。(水温計は忘れた)

ルアーで釣り歩きましたが、水際はボサ(?)でかなり水際に寄らない
とキャストできません。木の枝が川に覆いかぶさるようなポイントも多
くよほど正確にキャストしないと即ルアーロストの危険大、
キャストがうまくいっても流れが強いのでルアーがすぐ飛び出してしま
い、なかなか思うように泳がす事もできません。
非常に良く見えるポイントもキャストできず見送る場所多数・・
長い渓流竿を使い餌を流す釣り方の餌釣りならいけそうだなと思いつ
つ、それでも、比較的やり易い場所を選んでキャストを繰り返すと、開
始40分くらいでしょうか、食べごろサイズの岩魚が釣れてくれました。
魚がいるだろうとは思っていましたが、1匹釣れるとやはりすごく嬉し
いものです。

川原になる山菜には目もくれず、2キロくらいは歩いたでしょうか、
川が曲がっていて深場になっている絶好のポイントで、光る魚影を確認
し、なんとか釣りたかったのですが、腕が足りず、ヒットには至りませ
んでした。
先はまだまだ良いポイントがありそうですが、ヨメとの約束があるので
川を戻ります。
結局、岩魚1匹で釣行を終了しました。
釣れると釣れないでは大違いなのでこの1匹は大きいです。
自分の中では割と満足して帰路につくのでした。

※おまけ
ヘビ君に5匹は遭遇しました。
後でWebで調べたら、多分シマヘビと思われます。
大体ヘビの方がビビって逃げますが、足元でいきなり発見するとやはり
こっちもビビります・・

20060505_c01

20060505_c02

20060505_c03

20060505_c04

20060506_c05

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.05.02

access「DBデータの出力」

プログラムのテスト工程などでは
DBのデータやSELECT文の結果データを別途ファイルにとっておきた
いケースが多々あります。
普通に考えたらEXCELファイルとして保存できたら見安そうです。

使用DBをACCESSとした場合、比較的簡単に実現できます。
(1)まずEXCELを開きCtrl+[A]で全セルを選択します
(2)セルの書式設定(右クリックメニュー)で表示形式を文字列にし
ます。
(3)ACCESSでテーブルやクエリーを開きデータを表示します。
(4)次にCtrl+[A]でデータを全選択します。
(5)Ctrl+[C]でデータをクリップボードにコピーします。
(6)EXCELに移り「形式を選択して貼り付け」(右クリックメニュー)
でテキストを選択してデータを貼り付けます。

(1)(2)は事前準備ですが、書式を文字列にしておくことにより、
"000001"と言うコードが"1"と勝手に書式変換されてしまう事を防
ぎます。

(6)も日付書式が勝手に変換されて表示されてしまうのを防ぎます。
"2005/05/30"→"30-May-05"

使用DBをACCESSとした場合として説明しましたが、リンクテーブル
を使用すればACCESSでオラクルもSQLServerも参照可能ですので、
同じ手法でオラクルのデータもSQLServerのデータも抜き出して保
存が可能。と言う事になります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.05.01

oracle「ユーザの作成」

オラクルのユーザ(スキーマ)を新規に作成する方法です。

(1) SQL*PLUSを起動しSYSTEMでログインします。
(2) ユーザ用表領域を作成します。(必須ではない)
CREATE TABLESPACE user01_data
    DATAFILE 'D:\Oradata\user01_dat01.ora' SIZE 300M 
    DEFAULT STORAGE (INITIAL 200K NEXT 200K 
                     MINEXTENTS 1 MAXEXTENTS 999 
                     PCTINCREASE 0) 
    ONLINE
/

※SIZE,INITIAL,NEXTのサイズをよく確認して実行して下さい


(3) ユーザを作成します。
CREATE USER user01
IDENTIFIED BY user01
DEFAULT TABLESPACE user01_data
TEMPORARY TABLESPACE TEMP
PROFILE DEFAULT
/

※この例でのユーザ名、パスワードは"user01"です。

(4) 必要な権限を付加します。
GRANT CONNECT TO user01
/
GRANT DBA TO user01 WITH ADMIN OPTION
/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2006 | Main | June 2006 »